当blogをご覧頂き、有難う御座居ます。リアル介護管理人です。このブログは、就職氷河期世代である管理人が、仕事である高齢者医療と高齢者介護、並びに障害者支援の現場において現在進行形で経験している出来事やそこでの学びなど、当事者としてでしか得られないモノを、就職氷河期世代同士である皆様に向けて情報提供するべく開設致しました。

我々世代が共通して持っている将来への恐怖、それは『親の介護、最後までやり切れるか』ではないでしょうか。遅かれ早かれ今は元気な両親も、齢を経る毎に衰え、それに伴って病気がちとなり、病院通いや介護施設利用が日常となって行くだろう事は想像に難くないでしょう。そうなると、病院や介護施設の選択やおむつ等介護用品の購入、親戚縁者への連絡、資産管理・処分等々、普段の生活とは別にやらなければならないタスクが追加される事になります。しかもそれらに共通している事は、先延ばしが難しく、短期間での対応が求められます。もし仮に先延ばしにした場合、様々なコストが増大する事になるでしょう。これが、あと10年前後で我々就職氷河期世代に訪れる未来です。しかも、10年とかからず、こちらの都合などお構いなしに、いきなり対応を迫られるかも知れません。

今から少しずつ情報収集を行い、来るべき日に備える事は、現在と未来の生活を守るだけでなく、より充実したものにするに違いない。その為に、当blog管理人の知識や経験が少しは役に立つかも知れない。そう思っております。

とは言え、今日明日どうこうという事ではないのに加え、管理人自身が怠け者かつWワーク、時々トリプルワークだったりするので、blogの更新は不定期更新です。宜しければ、のんびり気ままな投稿ペースにお付き合い下さい。

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

今後とも、宜しくお願い致します。